増大サプリ

ブラビオンのアルギニン・シトルリンによる副作用|腹痛・下痢は嘘?

ブラビオン 成分配合量

増大サプリのブラビオンは1日3粒摂取すると、

  • アルギニン3,000mg
  • シトルリン3,000mg

と精力剤としては必須栄養素がめちゃくちゃ多い配合量となっています。

基本的にどちらも「タンパク質を構成するアミノ酸の一種」なので、副作用はないとされています。

また、公式サイトには「副作用はありますか?」の質問に対して

  • アミノ酸を中心とした成分です。また、サポート成分も全て厳しい規格をクリアした成分となっております。医薬品成分や、規格外の成分、効果の分からない成分は一切含まれておりません。

と記載されています。

解釈的には「厳選された安全なアミノ酸群が入ってるよ」と言っているわけですね。副作用がないとは書いてありませんでした。

当ページでは、実際にブラビオンを飲んだ私は副作用は出ていないものの、アルギニン・シトルリンの成分を考えた「医学的に考えられる副作用」についてまとめました。

参考ページ:ブラビオンは配合量No1の高評価な増大サプリ|優れた効果の口コミ評判

ブラビオンによる副作用の危険性

アルギニンの副作用

アルギニンはアミノ酸の一種ですが副作用がないわけではなく、

  • 胃が荒れる
  • 腹痛
  • 下痢

これらの副作用があるほか、長期間にわたって過剰摂取すると肝臓や腎臓に負担をかけてしまいます。

 

ここまで読むと「なんだ・・・アルギニンって結構危ないんじゃね?!」と思いますが、肝心なのは摂取量です。

アルギニンによる副作用が懸念されるのは「1日20g以上」を摂取した場合です。

ブラビオンのアルギニン量は1日分で3,000mgですが、これをgに直すと3gになります。

ハンバーグ2つ分、まぐろの握り寿司15カン分ですね。

アルギニンがサプリだけで多量に取れるのはブラビオンの良いところですが、副作用が出るほどの配合量ではないので安心して大丈夫です。

シトルリンの副作用

シトルリンの過剰摂取による重大な副作用は今のところ報告されていません。

医学論文を調べても出てきませんでしたし、例がないので心配する必要はないでしょう。

というのも、シトルリンは過剰摂取すると体外から排出されてしまいます。

1日の目安摂取量は800mgとされていて、ブラビオンの3,000mgは少し過剰ですね。

どれくらいまで摂取すると不必要とされて排出されるのかは実験結果がないので分かりませんが、

  • 多少は摂りすぎても副作用のない成分
  • 問題が出るほど摂ったら排出されるので問題なし

この2点が関係しているので、まず心配しなくても大丈夫でしょう。

ただし、シトルリン血症という病気と診断されたことがある方や、降圧剤を使用している場合は過剰摂取になるのでブラビオンの服用はやめましょう。

ブラビオンによる副作用の危険性はほとんどない

ブラビオンを1日3粒飲んだときに摂取できる「アルギニン3,000mg・シトルリン3,000mg」による副作用はほとんど心配いりません。

ただしアルギニンには「1日20g以上」を摂取した場合に下痢や腹痛といった副作用があるので、普段の食事とブラビオンの摂取で20gを超えるときは注意が必要です。

アルギニンが多い食品とアルギニン含有量は次のようになっています。

■食品100gに対してのアルギニンの量

  • 鶏肉:1.5g
  • 豚肉:1.3g
  • 牛肉:1.2g
  • 牛ひき肉:1.3g
  • うなぎ:1.1g
  • キハダマグロ:1.3g
  • 卵黄:1.2g
  • 大豆:2.7g
  • 納豆1パック:0.4g
  • 高野豆腐:4g
  • 海老:2g
  • アーモンド:2.1g
  • ピーナッツ:3.2g
  • ゴマ:3g

数字的には「意外と食品にもアルギニンが摂れるんだね」と思いがちですが、100gあたりなのでやっぱりブラビオンは優秀です。

一応、牛肉1kgのワイルドステーキ+諸々+ブラビオン3粒とかだと副作用の出る20gに届いてしまいますが・・・普通の食事とブラビオンをセットで取るだけならなんら問題なしです。

ほとんどの方はブラビオンを毎日飲んで大丈夫ですが、「今筋肉増量期だから食べまくってる」というボディービルダーの方は気を付けてください。

\ブラビオンが「最安値&返金保証あり」で買えるのは下記のみ!/

ブラビオン公式サイト